クラウド会計の導入を検討している中小企業の皆様の中には、現在の業務フローの変更や導入に不安を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

株式会社エスアンドシーでは、クラウド会計の導入支援のご相談を多く受けておりますが、どのような会社様がクラウド会計の導入につまづきやすいかをここでは共有させていただきたいと思います。

クラウド会計導入をスムーズに進めるためのヒントになれば幸いです。

従来の会計ソフトとクラウド型会計ソフト

まずはじめに、従来の会計ソフトとクラウド型会計ソフトの違いをおさらいしておきましょう。

下のグラフは工数と取引量を図にしたものです。クラウド会計ソフトの大きな特徴として、取引量が増えれば増えるほど工数削減の効果があがるということがあります。

特に同じような内容のもの、例えば日々のレジ売上の入力作業とか定型化できるものであれば、自動化の効果が絶大です。

クラウド会計システムは時間の経過とともに、どんどん学習して自動化が進みます。新しい取引だけを登録していけばよくなりますから、工数削減効果がでてきます。

ベテランの経理の方がどんなにすごい処理速度で入力作業を行ったとしても、自動化だとそもそも人の作業自体が不要になっていきますので、かないません。しかも人はミスをする生き物ですが、システムは設定さえきちんとしておけば間違いませんので、会計入力の品質が保たれます。

クラウド型会計導入に失敗する理由

このように自動化がとても魅力的なクラウド型会計ですが、多くの会社様が導入につまづく原因として大きく3つのことが挙げられます。

①やっぱり難しい【初期設定】

最も効率よく使用するには正しい初期設定は避けて通れません。自分でやるにはクラウド型会計システムの初期設定の難易度は相当高いです。

システムの中にルールを作っていきますので、ここにかかる工数は従来型のソフトよりも取られます。また、専門的な知識も必要となってきますので、ここで挫折してしまう人が多いです。

この初期導入については、専門家にアウトソーシングして、初期設定・業務設計を依頼される方が最近非常に増えています。コストをかけてでもこの先の業務改善につながれば、費用対効果があると考える方が多いようです。

②元々の業務フローに問題がある

次に、元々の業務フローに問題があってうまくいかないケースです。
クラウド会計の導入をお考えの皆様は自動化で生産性があがると思われていますが、実は、自動化の前には、見える化と標準化という工程があります。

自動化するためにはこのプロセスが重要です。

この業務フローの見直しだけでも、無駄が排除されて生産性があがる例も多々あります。中小企業の場合は特に、バックオフィスが属人化してブラックボックス化しているという状況がよく見受けられます。

ですのでまず、見える化、つまり、「業務の流れを棚卸して工数を把握し、属人的な作業や非効率な作業を排除し最適な業務フローの構築」を行っていきましょう。その先で自動化クラウド化を行っていくことで、クラウド会計による業務効率化のさらなる効果を得ることが可能となります。

③顧問税理士がクラウド会計に対応していない

従来の考え方ですと、会計ソフトは顧問税理士が決めることがほとんどでした。

会計ソフト単体で考えると、企業としては、Aというソフトを使おうがBというソフトを使おうが操作方法が多少異なるだけで、得られる結果は変わりません。ですので、税理士事務所の言う通りに会計ソフトを入れるというケースが多くありました。

ですが、クラウド型会計は、会計ソフトにとどまらずバックオフィスをカバーするシステムですので、企業側が「このクラウド型会計システムを使いたいから、そちらを対応してくれる税理士を探す」という潮流が最近できつつあります。

まとめ

いかがでしたか?
おさらいしますと、クラウド会計ソフト導入に失敗する理由は3つ挙げられます。

①初期設定の難易度が高いため、挫折しやすい

②業務フローの改善をせずに導入をすすめたため、結果的に作業が煩雑になってしまいあきらめる

③顧問税理士がクラウド会計システムに対応していないためクラウド化がすすめられない

逆に考えれば、この原因をクリアすればスムーズな導入・運用が近づくということです!せっかく便利なシステムがあるのですから、使わないのはもったいないですよね。

上手に活用すれば、コスト削減、業務時間削減、素早く正確な数値把握の実現が可能です。

株式会社エスアンドシーでは、これらの問題を解決しスムーズに導入・運用ができるサポートを行っています。

もし、一度導入を考えたが途中で断念してしまった・・・という方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社にご相談ください。