会計freeeの支払管理レポートの機能はご存知でしょうか。

未決済取引を登録する際に「決済期日」を指定することで、その決済期日をもとにして様々な管理をすることができます。

①債務の一覧を管理

「債務一覧」より、決済期日や決済状況、取引先などの条件で絞り込みや並び替えができます。

②年齢表にて推移と決済残額を視覚的に管理

決済期日、または取引先ごとの支払サイトを登録することで、月別債務の決済残額をグラフ形式で見ることができます。

③債務の一覧より総合振込ファイルを作成

総合振込を行いたい債務を選択し、総合振込のファイルを作成することができます。
参考:freeeヘルプセンター-インターネットバンキングに振込データを連携する

④上記で作成した総合振込を使用した未決済消込

作成したファイルにて振り込んだ預金明細から、一括振込の未決済消込が簡単にできます。

詳しくは以下のブログをご参考ください。

freeeの未決済消込機能がアップデートしました

弊社では、freeeの認定アドバイザーとして、freeeの導入や導入後のサポートを行っております。
・自計化をお考えの方
・クラウド会計に興味のある方
・上記のようにfreeeを用いて債務の管理をされたい方

は是非、こちらのお問合せフォームよりお問合せください。

参考:freeeヘルプセンター-支払管理レポートの見方と活用アイディア

(ミヤタ)